SSブログ

チェンバロ [音楽]

とあるお寺の本堂で音楽仲間の演奏会があり、聴きに行ってきました。

リコーダー・フルート・チェンバロ・チェロの4人のアンサンブルでバロック音楽を楽しみました。

Dscn0071tsb2.jpg

ピアノの先生をやっておられる方のチェンバロです。

チェンバロは鍵盤の色がピアノと反対です。

テレマンやコレルリ、またヴィヴァルディなどバロック音楽を堪能した一日でした。


Dscn0072tsb.jpg
繊細な弦と綺麗な模様にびっくり!

演奏後、このチェンバロを製作された方 (リコーダーでアンサンブルに参加されました) が、

チェンバロについて説明してくださいました。

ピアノは弦をハンマーでたたいて音を出すのですが、チェンバロは鳥の羽軸や

プラスティックなどの爪で弦をはじいて音を出すため、

ピアノのように音の強弱をつけられないことや

その日のお天気などに左右されるため

調律が難しいことなどををお話されました。

お寺にもチェンバロはマッチしているように見えます。

Dscn0068tsb.jpg
調律中です[るんるん]
nice!(5)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 9

CROW

ホントだ、ピアノと鍵盤の色が反対だぁ
初めて見ました^^ 
ステキな演奏会だったのでしょうね・・
チェンバロの音色、聞いてみたいでしゅ


by CROW (2008-03-14 23:47) 

ぴょんちゃん

チェンバロすごく綺麗ですね☆
演奏も聴いてみたいです♪
調律のお話しなどとても勉強になりました。
ありがとうございます!
by ぴょんちゃん (2008-03-15 10:40) 

こんとらばっそ

CROWさんへ
チェンバロはとっても優しい音色です。
心がホッとなごみます。
録音すればよかったなぁ・・・
by こんとらばっそ (2008-03-15 14:40) 

こんとらばっそ

ぴょんちゃんさんへ
間近でチェンバロを見るとすごく繊細なんだなぁと感心します。
心が和む音色です。
何度かこのチェンバロでの演奏会を聴いています。

by こんとらばっそ (2008-03-15 14:44) 

こんとらばっそ

xml_xsl さんへ
nice ありがとうございます。
by こんとらばっそ (2008-03-15 14:45) 

ake_i

チェンパロの音が大好きです。(楽器は何でも好きなのですが)
この楽器がお寺の本堂にあるとは凄いですね。
最後のお写真からは想像出来ませんでした。
そして弦が張ってある内部、本当に素晴らしいです。
浜松の楽器博物館でちょっとだけチェンバロでバッハを弾いたことがあります。「この音がバッハだぁ~」って一人で大騒ぎしてましたことを思い出しました。
こんとらばっそさんの記事、優しさがいつもあふれています。
by ake_i (2008-03-15 17:43) 

こんとらばっそ

ake_i さんへ
いつもありがとうございます。
このチェンバロはお寺までピアノの先生宅から
チェンバロの製作者が来られて、移動させたものです。
普段はピアノの先生宅に置かれていて、
そこで演奏会も何度か開かれています。
チェンバロでバッハも聴いてみたいですね。
by こんとらばっそ (2008-03-15 20:52) 

K

本当に細かなところまで、繊細な紋様がほどこされているのですね。。。
お寺の金色ともマッチしてますね。

by K (2008-03-16 20:40) 

こんとらばっそ

Kさんへ
チェンバロの中を見ると弦もこんなに繊細なのか!と
改めて思います。
だから優しい音が出るんでしょうね。
by こんとらばっそ (2008-03-17 13:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

サン・サーンスこころの手記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます