SSブログ

Vivaldi に寄せて [音楽]

私の友人の作曲による Vivaldi に寄せて
先日送ってきてくれた今年最初の作品です。

Vivaldi に寄せて

なんとなくロマンチックな感じがします。
3楽章形式にして「バイオリンとビオラのための協奏曲」にする構想があるそうです。
全部出来上がるのが楽しみです。


ヴィヴァルディと言えばやはり「四季」
「春」の冒頭部分はあまりにも有名ですが、私の好みは「冬」の2楽章です。
聴くと心が落ち着きます。

ヴィヴァルディ:協奏曲集《四季》

ヴィヴァルディ:協奏曲集《四季》

  • アーティスト: イ・ムジチ合奏団, カルミレッリ(ピーナ), ビバルディ
  • 出版社/メーカー: マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1997/10/08
  • メディア: CD





こんなに寒いのにウィンドサーフィンとは・・・

冬の方が良い風なんでしょうか?

後ろに見えるのは関西空港です。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 6

ake_i

聴かせていただきました。
え~~~?わぁ~~~~\^^/
凄いヴィバルディみたい^^♪♪♪
素晴らしい作品の始まりですね。
三楽章形式、全部出来上がるのが楽しみです( ^^) _U~~
by ake_i (2008-01-08 09:17) 

CROW

こんばんは!めめでしゅ♪
いつものお友達でしゅか?すごいでしゅ!
もうちょっと聞いていたい~
どこを探してもクラシックCDは見つからないめめんち 
とーしゃんのジャズ系ばかりでしゅ・・
by CROW (2008-01-09 00:41) 

こんとらばっそ

ake_i さんへ
作曲が趣味の彼によると『ビバルディの多くの協奏曲が偉大なる
ワンパターンであり、彼の作曲手法に思いを馳せ、その中に
天才の試みが少なからずちりばめられている曲もあり
真似てみようという気になり』生まれた曲だそうです。
また『ピアノ曲もシューベルトのソナタを聞いて感激、
後期の曲は何とも言いがたい・・。』とのことです。

聴くのは簡単ですが、作るのは大変!
やはり感性が無ければ、良い作品は出来ません。
私には到底無理!(^_^;)
by こんとらばっそ (2008-01-09 21:04) 

こんとらばっそ

CROWさんへ
そうです、「いつもの彼」です。彼の感性にはいつも感心します。
クラシックCDは無くても、テレビCMには多くのクラシックが
使われています。探してみるのも面白いかも知れません。

ジャズもいいですね。時々聴きたくなります。
ついついベースだけを聴いてしまいますが・・・^^
by こんとらばっそ (2008-01-09 21:17) 

ake_i

こんにちは!
その作曲されるかたはプロ級ですね!
もしも、プロの方でしたら失礼になります。ごめんなさい。
しかし、シューベルトのソナタは弾くのも聴くのも難しいですのに、
レベルが最高に高い方ですね!!
私もシューベルト大好きですけれど、弾くのも聴くのもレッスンするのも並大抵ではありませんよ~~~~@@;
たとえば、即興で演奏するなどというのは案外できるものですが、それを譜面に書き起こす作業は時間も手間も作曲技法も必要ですよね。
いくらパターン化された作曲家のマネとはいえ、なかなかできるものではないと感心しております!!!!!
私の恩師は今でもオケの曲をピアノ2台4手とか、一台のピアノ用を何台もの電子ピアノ用に編曲をされるのです、その楽譜を見せていただくたびに頭の中はどうなっているんだろう・・・・と。勉強させられています。^^
by ake_i (2008-01-10 09:35) 

こんとらばっそ

ake_i さんへ
彼は高校時代からの友人ですが、普通の会社員です。
でも、彼の音楽の才能は非凡なものがあるように思います。
by こんとらばっそ (2008-01-10 12:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

のだめカンタービレカメラ目線 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます